Life Jam

専門知識ゼロの初心者がWordPressに挑戦中

ブログ運営

エックスサーバーで独自ドメインのメールアドレスを取得し、Gmailで送受信する方法

2017/04/28

私、このブログを始めるにあたって、Gmailでブログ用のメールアドレスを取得したんですよ。
サーバー契約やドメイン取得など、ブログ運営に関する登録をそれでしようと思って。

でも、ブログを続けていると問い合わせや広告掲載依頼もあるので、その返信をGmailアドレスを使ってするのって、どうなんだろう…と思いました。

Gmailって、あくまでも誰でも使えるフリーメールなんですよね。

ナツキ
なんとなく信頼性に欠ける気がする…

やっぱり、ちゃんとしたメールアドレスの方がいいですよね。
事業としてブログをするのであれば、なおさら必要だと思います。

このブログはエックスサーバーを使って運営しています。
エックスサーバーでは、簡単に“独自ドメインのメールアドレス”を取得することが可能なのです。

user@example.com
info@example.com

こんなメールアドレスが簡単に、そして無料で作れます。

というわけで、私も独自ドメインのメールアドレス『~@life-jam.com』を取得することにしました。

ナツキ
愛着が湧くし、なんだか自分の会社ができたみたい♪

このページでは、エックスサーバーで独自ドメインのメールアドレスを取得し、Gmailで送受信するための設定方法を解説しています。

スポンサーリンク

エックスサーバーでメールアカウントを作成

まずは、独自ドメインのメールアドレスを取得するためメールアカウントの作成を行いましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

[メール]の項目にある[メールアカウント設定]をクリック。

メールアドレスを取得するドメイン名の右端にある[選択する]をクリックします。

[メールアカウント追加]をクリック。

メールアカウントの作成に必要な項目を入力します。

  • メールアカウント:@マークより前の部分
  • パスワード
  • パスワード(確認)
  • 容量:デフォルトで300MBに設定されているので、特に希望がなければそのままで問題ないと思います
  • コメント:必要であれば『○○用』のように、自分が管理しやすいものを入力しておくといいかもしれません(空欄でも可)

入力できたら、[メールアカウントの作成(確認)]をクリックします。

取得するメールアドレスを確認し入力内容に間違いがなければ、[メールアカウントの作成(確定)]をクリックします。

これで独自ドメインのメールアドレスが取得できました。

[メールアカウント一覧]をクリックして次の設定に移ります。

作成したメールアカウントの転送設定

つづいて、取得したメールアドレス宛のメールをGmailでも受信できるように転送設定をしていきます。

取得したメールアドレスの右側にある[転送]をクリックします。

転送設定に必要な項目を入力します。

  • メールアドレスに残すかどうかの設定:お好みで(デフォルトは残す)
  • 転送先アドレス:転送先のGmailアドレス

入力できたら、[転送設定の追加]をクリック。

これで転送設定が完了し、Gmailでもメールが受信できるようになりました。

[メールソフト設定]をクリックします。

メールソフトの設定に必要な項目が確認できます。

表示されている『送信メール(SMTP)サーバー』の情報は、このあと行うGmailでの設定で必要になるので、メモするかページを開いたままにしておきましょう。

Gmailにメールアドレスを追加

ここまでの設定で、独自ドメインのメールアドレス宛のメールをGmailでも受信できるようになりました。
現段階では受信のみ可能で送信できない状態なので、Gmailを使って独自ドメインのメールアドレスから送信できるように設定していきます。

『転送先アドレス』として設定したGmailアカウントにログインします。

右上の[歯車]をクリックで展開させ、その中の[設定]をクリック。

[アカウントとインポート]をクリックします。

[名前]の項目にある[他のメールアドレスを追加]をクリックします。

取得した独自ドメインのメールアドレスの情報を入力します。

  • 名前:送信するメールに表示させる名前
  • メールアドレス:独自ドメインのメールアドレス

それぞれ入力し、[次のステップ]をクリックします。

独自ドメインのメールアドレスで送信するために必要な項目を入力します。
ここで、前の手順でメモしておいた『送信メール(SMTP)サーバー』の情報が必要になります。

  • SMTPサーバー:メールソフトの設定で確認
  • ポート:465
  • ユーザー名:独自ドメインのメールアドレス
  • パスワード:メールアドレス取得時に設定したもの
  • SSLを使用したセキュリティで保護された接続(推奨)にチェック

各項目を入力し、[アカウントを追加]をクリックします。

『確認コード』が記載されたメールが届いているので、それを確認し入力、そして[確認]をクリックします。

これで、Gmailで独自ドメインのメールアドレスを使って送信できるようになりました。

メールの作成画面で、From(送信元)に表示されているメールアドレスをクリックすると、新しく追加したメールアドレスが選択できるようになっています。

念のため、実際に送信できるかを確認しておくといいでしょう。

このままでも問題ないですが、追加したメールアドレスで送信することの方が多いのであれば、次の設定をしておくといいです。

[名前]の項目に、設定したメールアドレスが追加されているので、その右側の[デフォルトに設定]をクリックします。

この設定を行うことで、追加したメールアドレスがデフォルトのFrom(送信元)として設定され、切り替える手間が省けます。

まとめ

エックスサーバーでは容量内であれば無制限にメールアドレスを追加することができます。
つまり、用途に応じて複数のメールアドレスを使い分けることが可能です。

問い合わせへの返信だけでなく、名刺にメールアドレスを載せることもあるでしょう。
いくつか取得しておくと便利です。

フリーメールと比べると、信頼性もアップするんじゃないでしょうか。

独自ドメインのメールアドレス、ぜひ取得しておきましょう。

-ブログ運営

スポンサーリンク