Life Jam

専門知識ゼロの初心者がWordPressに挑戦中

スマホ

ついにソフトバンク系MVNOが誕生!iPhoneがSIMロック解除せずに利用可能

ソフトバンクのiPhone、iPad利用者に朗報です。

2017年3月22日、ソフトバンク回線を利用したMVNO(格安SIM)が登場しました。

今回発売されたのはiPhoneとiPad向けのサービスで、対応機種であればSIMロック解除せずにそのまま使えます。
残念ながら、Android端末では現在利用できないようです。

MVNO(格安SIM)といえばドコモ系が主流で、僅かにau系が存在していましたが、ソフトバンクは蚊帳の外でした。
iPhoneとiPad向けとはいえ、ソフトバンク利用者にとって選択肢が増えるのはいいことではないでしょうか。

それでは、料金プランと対応機種を確認してみましょう。

スポンサーリンク

b-mobile S 開幕SIM

1つ目は、b-mobileから登場した『b-mobile S 開幕SIM』

料金プラン

データ通信専用SIM
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

現在利用できるのは、データ通信専用のSIMのみです。
音声通話付きのSIMはありません。

対応機種

iPhone

iPhone5、5s、5c、6、6Plus、6s、6s Plus、SE、7、7Plus
⇒ b-mobile S 開幕SIM iPhone用nano SIM

iPad

iPad Airシリーズ(1~2)、iPad miniシリーズ(1~4)、iPad Pro
⇒ b-mobile S 開幕SIM iPad用 nano SIM

iPad、iPad 2、iPad 3(第3世代・新しいiPad)、iPad 4(第4世代)
⇒ b-mobile S 開幕SIM iPad用 micro SIM

公式サイトはこちら ⇒ b-mobile

U-mobile S

2つ目は、U-mobileから登場した『U-mobile S』

料金プラン

データ通信専用SIM
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

こちらも、現時点で利用できるのは、データ通信専用のSIMのみです。

対応機種

iPhone

iPhone5、5s、5c、6、6Plus、6s、6s Plus、SE、7、7Plus
⇒ iPhone用 nano SIM

iPad

iPad Airシリーズ(1~2)、iPad miniシリーズ(1~4)、iPad Pro
⇒ iPad用nano SIM

iPad、iPad 2、iPad 3(第3世代・新しいiPad)、iPad 4(第4世代)
⇒ iPad用micro SIM

公式サイトはこちら ⇒ U-mobile

まとめ

待望のソフトバンク系MVNOですが、現時点ではiPhoneとiPadのみを対象としており、Android端末では利用することができません。

それに、音声通話付きのSIMも用意されていないので、メインで使うことは考えられませんね。
あくまでも、2台持ちのサブ端末での利用に限定されてしまうでしょう。

料金プランについても、ドコモ系MVNOと比較すると割高感が否めません。

後発のMVNOなので、もうちょっと頑張って欲しかったな…というのが正直な感想です。

ただ、今後の展開として、Android端末でも利用可能になり、音声通話付きのSIMが追加されることは十分考えられるので、基本的なプランが全て出揃ってから真価が問われるのではないでしょうか。

データ通信用として興味がある人は、チェックしてみてはいかかですか。

-スマホ

スポンサーリンク