Life Jam

専門知識ゼロの初心者がWordPressに挑戦中

マンガ

『るろうに剣心』の続編・北海道編がジャンプスクエアで連載開始!

あの『るろ剣』の続編がジャンプSQ.(スクエア)で連載開始しました。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』

次の舞台となるのは、北の大地・北海道。

 

元々の構想として、『北海道編』が存在したという話は聞いたことがあったんですが、まさか連載終了後これだけ時間が経って、こうして続編が読めるとは思いませんでしたよ。

とりあえず、新連載『北海道編』の第1話を読んでみたわけですが…

なんだか面白くなりそうな感じがしますよ~。

『るろ剣』ファンなら、ぜひともチェックしておきたいですね。

このページの後半では、第1話を読んでみた感想(※ネタバレ有)を書いているので、内容がどんな感じか気になる人はどうぞ。

スポンサーリンク

連載終了から18年、新章スタート

週刊少年ジャンプで1994年から1999年まで連載されていた人気マンガ『るろうに剣心』。

2012年には、俳優・佐藤健さんが緋村剣心役を演じた実写映画が公開され、大ヒットを記録しましたよね。

そして連載終了から18年を経て、ジャンプSQ.(スクエア)2017年10月号から、新章である『北海道編』が連載されることになりました。

東京編・京都編・人誅編に続く、新たな物語の始まりです。

第1話を読んでみた感想

時系列としては、人誅編から5年後(前作の最終話から1年後)の明治16年が『北海道編』の時代となるようです。

続編の第1話目ということで、「いろいろあったな~」と過去を振り返りながら、剣心や弥彦などの懐かしいキャラの紹介から始まります。

そして、新たに加わる新キャラも登場。

『るろ剣』ファンの心をグッと惹きつけるような一悶着が起こりつつ、北海道へ向かうキッカケとなる衝撃の出来事が…。

内容としては、ざっくり言うとこんな感じ。

以下、ネタバレを含みます。

それぞれ訳ありの新キャラたち

第1話では、新しいキャラクターが3人登場しました。

  • 井上阿爛(父親が白人の混血児)
  • 長谷川明日郎(志々雄一派の残党)
  • 久保田旭(戦災孤児)

それぞれ過去にいろいろとあったようで、訳ありの様子。

 

3人とも個性的なキャラなんですが、特に気になるのが、明日郎。

あの志々雄真実の下にいただけでなく、どういうわけか志々雄が使っていた刀『無限刀』を所持しているんですよね。

おまけに、暴れているところを止めに入った剣心と刀を交えたときに、志々雄の技・焔霊を繰り出すという…。

実力はまだまだ未熟っぽいんですが、なんとも厄介な人物です。

 

この訳あり3人は、住み込みの門下生として神谷道場で預かることになったので、今後も出番は多くなりそうですね。

北海道にも同行することになるんでしょうか…。

剣心、刀どうするの?飛天御剣流はいつまで使えるの?

剣心といえば逆刃刀ですが、前作最終話の時点ですでに手放しているんですよね。

元服の祝いとして、弥彦に託したわけですよ。

なので、これからどうするんでしょうか…。

剣心が明日郎と対峙したときは、一時的に弥彦から借りることになったんですけど、これはハッキリ言ってダサいと思うんですよ。

この先、戦闘がある度に、
「弥彦、逆刃刀を借りるでござる。」
なんて言ってたら、主人公として流石にダサすぎます。

かと言って、別の刀を使うとは考えられないし。

『無限刀』が出てきている以上、やはり『逆刃刀・真打』は剣心が使うことになるんでしょうか…。

一度は弥彦に託したものを、返してもらうのも微妙ですが…。

 

そして、剣心の身体の問題。

『飛天御剣流』を使えるタイムリミットがそろそろ迫っているはずです。

現時点では、まだ『双龍閃』は撃てるようですが、他の技も同様に撃てるとは限りませんしね。

北海道での戦いで負担がかかり、完全に使えなくなるという展開はありそうかな、と。

北海道へ行くキッカケは、薫の父親

薫の父親・神谷越路郎は、すでに亡くなっている…はずだったんですが、実は生きていました。

現在、北海道にいることが分かったので、迎えに行こう、と。

これが北海道へ行くキッカケですね。

なぜ神谷道場に帰って来ないのか?
帰って来れない理由があるのか?

何らかのトラブルに巻き込まれていると考えられるので、それが『北海道編』の根幹になるんでしょうね。

 


 

斎藤も北海道に異動になっていたので、出番はありそうです。

ただ、剣心との直接的な絡みはないでしょうね。

前作で“二度と会うことは無かった”ような表現がされていましたし。

そして、宗次郎も北海道にいるはず。

今回は、剣心たちの味方として登場することが考えられるので、出番が楽しみですね。

まとめ

18年越しの続編。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』

まだ連載が始まったばかりですが、面白くなりそうな要素がたくさんあり、今後の展開が楽しみです。

ジャンプSQ.(スクエア)は月刊なので、週刊に比べるとストーリーの進みが遅くなってしまうのが残念ですね。

早く続きが読みたいのに~。

待っている間に、前作を読み返しておくとしますか。

-マンガ

スポンサーリンク